浄土真宗 宗恩寺住職のブログ

souonji.exblog.jp

浄土真宗のお寺は何をしてるの? 仏教って何? どんどん公開していきますので、お寺へ行ってみよう!と思っていただけたならうれしいです。

ブログトップ

<   2018年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

温泉と映画

宗恩寺のHPはこちら

夕方 堺浜シーサイドステージへ。祥福の湯で入浴してから、MOVIX堺で映画2本を鑑賞。

1本目は「グリンチ
b0400632_01141990.jpg
怒濤の展開に、なんとなく乗せられて、それなりに感動はしたが、
終わり方が、見慣れたアメリカの子ども向けアニメの法則通り。

キリスト教の教会では、この映画のようなお説教を今もしているのだろうか?

罪を悔い、仲間はそれを許すというお話は、次に観た「ボヘミアン・ラプソディ」の方が感情移入できた。
b0400632_01192339.jpg
クイーンの楽曲は、ラジオで耳にしたことがある程度の私だが、実話に基づく物語には説得力がある。

辺鄙な埋め立て地にあるMOVIX堺でのレイトショーにも拘わらず、ほぼ満席。

字幕に表示される強烈な言葉(歌詞)は、英語を聞き取れたら、音楽とシンクロしてもっと感動できるのだろうな。


昨日、NHKラジオの古典朗読で西行法師の物語を耳にした。
わからない単語が若干はあるものの、普通に日本語として聞こえた。
学生時代は古文は苦手だったが、この10年は古典の文献の翻刻を続けてきたので、古文に馴れてしまった自分に感動した。





[PR]
by souonji_osaka | 2018-12-15 23:10 | お寺の日常 | Comments(0)

映画鑑賞

宗恩寺のHPはこちら

今日のおまいりの最後のお宅が住吉区だったので、お寺に帰らずに堺市の映画館MOVIX堺へ寄り道。駐車場の車内で法衣から普段着に着替えて、映画館へ。

今日はメンズデーで、男性はどの作品でも1,100円で鑑賞できる。有村架純主演映画の2本立てでいこう。

一本目は、「コーヒーが冷めないうちに」。
b0400632_01303750.jpg
「4回泣けます」というキャッチコピーは余計だった。「泣けよ」と、強制されているようでいやだった。
最後のエピソードのトリックには、特にがっかりさせられた。



二本目は「かぞくいろ-RAILWAYS わたしたちの出発-」。
b0400632_01305098.jpg
「コーヒー・・・」よりも、こちらの方が満足度が高い。
2作品とも、エンドロールには、有村架純専属のヘアスタイリストの名前が出ていた。さすがは今売れている俳優、サポートが厚い。
しかし、帽子を着用した運転士・有村架純の前髪が、余りにもきれいに整えられすぎていて不自然だった。本当の運転士ではなく、映画において役柄として演じているだけ、という偽物感を前髪が増強している。美しい前髪はヒロインを輝かせ、絵としては栄えるが、リアリティーが無くなる。(見栄えを気にするキャラクターという設定でもなかった。)その点、國村隼のベテラン運転士役には違和感が無かった。



[PR]
by souonji_osaka | 2018-12-04 23:29 | お寺の日常 | Comments(0)