浄土真宗 宗恩寺住職のブログ

souonji.exblog.jp

浄土真宗のお寺は何をしてるの? 仏教って何? どんどん公開していきますので、お寺へ行ってみよう!と思っていただけたならうれしいです。

ブログトップ

<   2018年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

日常の荘厳

宗恩寺のHPはこちら

報恩講を終えて、本堂の荘厳(おかざり)を平常に戻しました。


【中尊前】

b0400632_01203678.jpg
▼上卓・前卓の打敷・水引を外し、華束を撤し、輪灯の瓔珞を外しました。そして五具足から三具足に戻しました。
※三具足の鶴亀と花瓶は、報恩講時に余間の御絵伝で使用していた物です。


【祖師前】

b0400632_01165779.jpg
▼打敷と瓔珞を外し、七角香盤・仏器台・天竜寺型香炉を撤し、夷型香盤と平常時の土香炉を卓に置きました。



【御代前】

b0400632_01223931.jpg
▼香盤を撤しました。(香盤は元の祖師前へ移しました。)



【南余間】

b0400632_01230317.jpg
▼御絵伝を外し、御代前の両脇に移して掛けていた太子・七高僧の軸を元の場所に掛け、それぞれのお軸の前に四方卓を置きました。
▼鶴亀と花瓶は、中尊前前卓に移しました。
▼土香炉は祖師前へ移しました。
▼金香炉と梨地の御文箱を撤し、平常の御文箱を置きました。

▼北余間法名前は、報恩講時も平常時のままです。

24日の花材購入から本格的な準備が始まり、28日に報恩講を勤め、今日平常に戻すまでの一週間。今年は難波別院報恩講への出仕、京都での相伝義書の勉強会、近畿連区准堂衆会の懇親会などの行事が重なり、とても慌ただしかったですが、無事に完走できました。



[PR]
by souonji_osaka | 2018-10-30 23:59 | お寺の日常 | Comments(0)

今日は休日

宗恩寺のHPはこちら

今日は門徒さん宅のおまいりも行事も無く、会合や稽古もない、10月最初で唯一の休日でした。

昼から堺市にあるMOVIX堺というシネコン(映画館)へ行きました。

1本目に観たのは「旅猫リポート」。13:25~15:35の上映。
b0400632_23432566.jpg
▼主人公が飼い猫を引き取ってくれるよう友人達宅をたずねて回りながら、人生を振り返る映画。主役のナナ(猫)の演技が自然でよかったです。


2本目は「オズランド 笑顔の魔法おしえます。」。15:45~17:40の上映。
b0400632_23454209.jpg
▼「笑顔」がキーワード。無理な設定もありましたが、元気になれる1本としてオススメです。


3本目は「サクらんぼの恋」。18:05~20:15の上映。
b0400632_23464541.jpg
▼45歳で独身、オタクの主人公が、あるがままの自分を認めてくれる彼女と出会い、子どもに干渉しすぎる親に対して「自分のことは自分でなんとかするから!」と親離れするシーンが素敵でした。


今日は4本観ようと考えて映画館に赴いたけれど、3本目で”満腹”になりました。寝不足もあったので、映画は切り上げました。

帰り道に、住之江区のスパスミノエで入浴。前回の利用時にスタンプカードが満杯になっていたので、今日は無料で入浴できました。




[PR]
by souonji_osaka | 2018-10-29 23:50 | お寺の日常 | Comments(0)

報恩講が勤まりました

宗恩寺のHPはこちら

10月28日(日)、宗恩寺の報恩講を執行しました。

予定より遅れて、午後1時40分から、住職が御伝鈔を拝読しました。
b0400632_22353504.jpg
今年は下巻の第一段、第二段、第三段、そして第七段を拝読しました。

続いて午後2時10分からは、3ヶ寺の住職に参勤いただき、法要が勤まりました。
b0400632_22373265.jpg
【次第】文類偈真四句目下、念仏讃淘五、和讃「弥陀大悲ノ誓願ヲ」次第六首、廻向「願以此功徳」

法要の後の休憩では、住職が作った「白玉団子入りぜんざい」が振る舞われました。
b0400632_22393880.jpg
そして住職が、親鸞聖人と第三代覚如上人による本願寺の成立にまつわるお話をして、午後3時30分にお開きとなりました。

今日の法要で各尊前に奉備されていた「お仏供(ぶっく)」(俗に「お仏飯」と呼ばれている)です。
b0400632_22435675.jpg
ご飯は合計1.6kgあります。しばらくは、家での食事はこのお下がりのご飯を使っての料理となります。

まずは鰻丼を食べたいな。次は焼き飯にして、その次はカレーライスにしようかな。




[PR]
by souonji_osaka | 2018-10-28 22:46 | お寺の日常 | Comments(0)

報恩講の準備

宗恩寺のHPはこちら

10月28日執行の宗恩寺報恩講の準備をしています。

【10月24日】
花材を買ってきました。
花瓶は、普段の荘厳時は4杯なのですが、報恩講は6杯になります。枝若松20本やウメモドキ(1本で2,500円)など高価な花材も使うこともあり、花代は普段の2倍の約3万円掛かりました。
b0400632_23035313.jpg

【10月25日】
本堂の檀上の清掃を済ませて、花瓶に仏華を生けていきます。
b0400632_23055160.jpg

【10月26日】
内陣の荘厳を済ませました。
▼須弥壇の上卓を下ろし、檀上の拭き掃除をしました。上卓に杉盛華束を一対備えました。
▼中尊前は報恩講用の鶴亀と花瓶で五具足にしました。
▼輪灯に瓔珞を吊しました。
b0400632_23082006.jpg

▼祖師前・・・卓や高欄を下ろし檀上の拭き掃除を行ってから荘厳しました。輪灯に瓔珞を吊し、卓に打敷を掛け杉盛華束を一対備えました。報恩講用の香炉、仏器台、香盤に替えました。
b0400632_23124499.jpg

▼御代前・・・卓や菊灯を下ろし檀上の拭き掃除を行ってから、荘厳しました。普段は祖師前で用いている夷型香盤を、報恩講の時は御代前で使っています。
b0400632_23141299.jpg

▼南余間の太子・七高僧を御代前の脇に移し、四方卓を撤して御絵伝を掛けます。今年は三の巻を掛けました。金香炉と土香炉、梨地の御文箱を荘厳しました。
b0400632_23153067.jpg

【10月27日】
輪灯・菊灯の油皿(受け皿)を洗いました。
灯明はサラダオイルを使っています。受け皿に落ちた油を放置すると、油が変質して頑固な汚れになってしまいます。
「LEDにすれば楽できるのに」と思うのですが、取り替えに踏み切れていません。今年の報恩講も灯明を灯して勤めます。
b0400632_23190395.jpg

本堂と庫裏に幕を張りました。脚立に上っての高所作業なので、とても緊張します。脚立の上で立ち上がる時より、作業を終えて下りる時の方が怖いです。
b0400632_23193243.jpg
b0400632_23211004.jpg

法要の休憩時間に振る舞う「ぜんざい」と「白玉団子」が出来ました。
どちらも住職が調理しました。いい感じで出来たと思います。
b0400632_23215615.jpg
b0400632_23220900.jpg

★明日(10月28日)は、難波別院の報恩講晨朝(午前7時御始め)と日中(午前10時御始め)に出仕します。
そして午後1時30分から宗恩寺の報恩講を勤める予定です。
皆様のご参詣をお待ちしています。



[PR]
by souonji_osaka | 2018-10-27 23:40 | お寺の日常 | Comments(0)

報恩講のご案内

宗恩寺のHPはこちら

報恩講の告知を、山門脇の掲示板に貼り出しました。
b0400632_13394358.jpg
10月28日(日)午後1時30分から3時15分まで
宗恩寺本堂で報恩講を執行いたします。

 ▼御伝鈔拝読(約30分)
 ▼法要(約35分)
  休憩をはさんで
 ▼法話(約30分)
を予定しています。

宗恩寺の門徒以外の方も気兼ねなくご参詣下さい。

Q.どんな服装でおまいりすればいいですか?
  A.普段着でおまいりください。

Q.持ち物は?
  A.念珠(数珠)をお持ちでしたらご持参ください。〔無ければ結構です。〕

Q.御供えはどうしたら良いですか?
  A.御供えは義務ではなく、任意です。
    お金で御供えをする場合は、紅白の水引の金封(もしくは白封筒)に「御供」または「御香儀」と表書きをして、
    お名前も記載して下さい。品物で御供えをされる方もあります。

【案内地図】
所在地:大阪市天王寺区四天王寺1-5-49
最寄駅:地下鉄谷町線 四天王寺前夕陽ヶ丘駅下車、東へ徒歩約300m。
b0400632_17375381.gif


[PR]
by souonji_osaka | 2018-10-16 13:43 | お知らせ | Comments(0)

葬式の位牌

宗恩寺のHPはこちら

お葬式に使用する白木のお位牌に、法名などの文字入れをしました。
b0400632_01553589.jpg
b0400632_01561536.jpg
「法名は行書体で書く」と習ったのですが、行書体は苦手なので楷書体で書きました。


▼一般的な墨液では、墨が滲んで広がってしまい、思ったような線が書けません。
「木簡墨」という商品名の専用の墨液を使用しています。
b0400632_02005362.jpg

また、お棺に入れる「棺書」(「納棺尊号」とも呼ぶ)も書きました。
b0400632_01572861.jpg

[PR]
by souonji_osaka | 2018-10-15 23:53 | お寺の日常 | Comments(0)

教学儀式研究班

宗恩寺のHPはこちら

本日午後7時30分より、大阪教区教化センターの「教学儀式研究班」の会合を宗恩寺で行いました。

教学儀式研究班は、1999年の蓮如上人500回御遠忌法要を縁として設立された、教化センター研究班の一つです。
近松暢誉主任(平野・慧光寺住職)に声を掛けていただき、私も研究員に加えていただきました。

研究班の成果として、相伝義書の科文と講義録を参考にした「浄土和讃学習ノート」「高僧和讃学習ノート」「正像末和讃学習ノート」を発表し、
2007年~2008年に『禀承餘艸(ほんじょうよそう)』と『禀承餘艸評破』を翻刻・発表しました。

その後、近松主任が逝去され、研究班は一旦休止になりました。
近松主任が、その師である足利演正師(堺・真宗寺住職)の願いを引き継いで、『真宗相伝義書』『真宗相伝叢書』を発刊されました。
その教えの流れにご縁をいただいた者として、相伝に触れていく手引きを作りたいと願い、自分が主任となって2017年から教学儀式研究班を続けさせていただくことになりました。

現在の教学儀式研究班は、私を含め3名の研究員がいます。

蓮如上人以降、第19世乗如上人まで相伝されてきた教学が、高倉学寮の講師達によって「異安心」とされ途絶えていった記録である『三十七則御糺選要』の翻刻を行っています。

月に1~2回集まり、大谷大学図書館から取り寄せた江戸時代の写本(毛筆で書かれている)を解読し、活字化すると同時に、相伝教学と高倉学寮の相違を学んでいます。

翻刻を続けながら、相伝教学の全体像をまとめた発表を行いたいと思っています。
相伝を多くの人に知って頂くことが、宗恩寺住職のライフワークとなりました。
b0400632_22314402.jpg

『南御堂』2018年5月号に、研究班の活動について掲載していただきました。

『南御堂』の記事のPDFファイル

[PR]
by souonji_osaka | 2018-10-10 23:06 | お寺の日常 | Comments(0)
宗恩寺のHPはこちら

10月28日に勤まる報恩講のことを宗恩寺の御門徒さんに知らせるハガキに、宛名シールを貼る作業をしました。
b0400632_03033676.jpg
20年くらい前までは、年に6回の行事案内を、すべて手書きで宛名を書いていました。
それは主に、坊守であった私の母の仕事でした。高校時代からごくまれに私も手伝い、時には全部を母に代わって書くこともありました。
宛名書きで、皆さんのお名前と、どの辺りにお住まいなのかを覚えていき始めました。

私がパソコンを使えるようになってからは、ラベルシールに打ち出して、貼り付けるようになりました。




[PR]
by souonji_osaka | 2018-10-09 23:59 | お寺の日常 | Comments(0)

おみがき

宗恩寺のHPはこちら

10月28日に宗恩寺の報恩講が勤まります。
今日は報恩講で用いる仏具のおみがきをしました。

普段使いの仏具に代えて、報恩講の時にいる仏具(花瓶や鶴亀)があるので、1年間の汚れを落として使用します。

御本尊の前の卓にかざる真鍮製の花瓶(かひん)を、この商品名「ピカール」という液体の金属磨きを使って綺麗に磨き上げます。
b0400632_01584185.jpg


ピカールの液を布につけます。
b0400632_02013919.jpg


ピカールには溶剤と研磨剤が入っています。ピカールをつけた布で金属をこすって、汚れを落としていきます。
b0400632_02024329.jpg


布はすぐに真っ黒に汚れてしまいます。この汚れが爪の隙間に入るとなかなか落ちず、後で困ることになるので、手袋をはめて作業します。
b0400632_02034254.jpg


ピカール液で磨いては拭き取りをして、またピカール液で磨き、拭き取る・・・を繰り返し、約30分後のビフォー・アフターです。
b0400632_02065113.jpg

【左】まだ磨いていない花瓶    【右】磨き上げたばかりの花瓶


やはり磨きたては、輝きがちがう!!


今日は花瓶を1対磨きました。
明日以降、中尊前の鶴亀や御絵伝の香炉などを順次磨いていくつもりです。





[PR]
by souonji_osaka | 2018-10-08 23:14 | お寺の日常 | Comments(0)

台風21号による被害

【宗恩寺のHPはこちら】

6月18日の大阪北部地震では目立った被害がなかったものの、9月4日の台風21号では影響を受けました。

幸いにも本堂にはほとんど被害がなかった(書院の庇のごく一部が飛ばされた)のですが、
山門や庫裏の瓦が強風のため落下しました。
b0400632_15583750.jpg
山門と塀の瓦が落下

b0400632_15585979.jpg
庫裏の屋根の瓦も落下

b0400632_15592522.jpg
落下した瓦のかけらを拾い集めました。

b0400632_16203655.jpg
車庫の扉が強風で開いたため、庫内に吹き込んだ風で
窓が吹き飛ばされて落下し、ガラスが全損しました。

b0400632_16063830.jpg
車庫の引き違い戸も吹き飛ばされ、
ガラスの一部が割れました。



10月6日の状況です。
台風の2日後には工務店さんが駆けつけてくれて、応急処置をしてくださいました。
葺き替えはいつになるか未定です。

b0400632_16034304.jpg
b0400632_16040660.jpg

[PR]
by souonji_osaka | 2018-10-06 16:12 | お知らせ | Comments(0)